GoogleHomeでNFCが使えるようになるかも…


 

分解

新製品が出るとすぐに分解する修理のプロ集団iFixitがGoogleHomeの詳細な構造を公開しています。

その中で気になる記述を見つけたので詳しく見てみました
 

Marvell Avastar88W8897

内部のボードに使われているチップの多くが同社ストリーミングデバイス『Chrome Cast』と類似している点も気になりますが、WirelessLANなど通信系統がまとめられたSoC(System on Chip)型番 : Marvell Avastar88W8897にはWirelessLAN、Bluetoothの他にNFCが搭載されています。

Xbox oneなどでも使われてるSoCなので単純に製造コスト削減のために採用された可能性が高いですが、発売当時はBluetoothの機能も解放されていなくソフトウェアアップデートで機能が解放されたことを考えると今後GoogleHomeでNFCが使えるようになるかもしれません。


 

まとめ

NFC機能が解放されることによってスマートフォンによるセットアップがより安易になるなど基本的なことから、近年NFCタグの単価は減少傾向にあるのでバリアフリーな用途でも(目が不自由な方向けにタッチで持っている商品の読み上げなど)様々な用途が考えられます。

是非ともDeveloper向けにも解放していただきたいです。

 

参考 iFixit :

https://jp.ifixit.com/Guide/Google+Homeの分解/72684

https://www.ifixit.com/Teardown/Xbox+One+Teardown/19718

https://www.marvell.com/wireless/avastar/88W8897/assets/Marvell-Avastar-88W8897-SoC-PB.pdf